FC2ブログ
コレクション
スポーツ業界約50年歩みの中でさまざまな出会いがあり、その出会いにより各種スポーツ選手の協力の結集されたコレクションコーナーです。


プロフィール

キャプテン0010

Author:キャプテン0010
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


池田 祥浩
1973年8月5日(甲子園)阪神ー巨人
9回裏二死から池田が「世紀の落球」で阪神逆転負け
阪神の先発は山本和だったが、3回途中から江夏をマウンドに送った。
何故かこのTG3連戦に江夏の先発なし。金田監督との関係がうまく行っていないらしい。マウンドではその悔しさをぶっつけるかのような力投を見せ、巨人は7回に1点を取るのがやっと。そのまま9回表、最後の攻撃に入った。二死一、三塁。続く黒江1-1からの3球目だった。当たりはよかったが、センター真正面。万事休すと思った瞬間、中堅手.池田のスパイクが芝に引っかかり転倒。エラーはつかず、2点タイムリーとなり逆転。そのまま巨人が逃げ切った。



ike-da1.jpg

スポンサーサイト

テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。